エストロゲンは豆乳で手軽に取れる

女性ホルモンの1種であるエストロゲンは体内で生産されるほかに、植物性エストロゲンという種類は大豆製品から摂取することも可能です。
大豆製品といっても、食べる豆腐だけではなく豆乳からも手軽に摂取することが可能です。
豆乳には無調整のものや調整のものなど種類があり、無調整のストレートで飲むことに抵抗がない人もいれば、飲みづらさを感じてる人は、甘く飲みやすく味付けてある調整豆乳は比較的飲みやすく気軽に飲むことができます。
甘く味が付けてあるものとは別に、ココア味やイチゴ味、抹茶味などといったまるでジュースのような豆乳もあります。
もちろん無調整のものほどエストロゲンの含有率は多いですが、味に慣れるまでは調整されたものを飲む習慣をつけることで、抵抗なく取り入れることができるようになります。
また、自分の好きな野菜や果物と豆乳でスムージーを作り、朝に置き換えて飲むという方法もあります。
この方法なら、無調整のものが使えて、バナナやりんごなどの好きな果物を入れれば、まるで調整されたものような味わいを楽しむことができます。
毎朝取り入れることで、バランスよく植物性エストロゲンを摂取できます。
また、無添加にこだわる人は一から手作りする人思います。